オフィスのパーテーション

パーテーションで、子供部屋を確保!

パーテーションの解体は大変 / プロに教わって自分たちで設置する! / みんなで配置したから愛着ができた / パーテーションで、子供部屋を確保!

我が家には子供が2人いるのですが、間取り上それぞれに部屋を用意してあげることができません。そこでパーテーションを用いて、1室を2つに分断しています。 もちろん声や音までは分けられませんが、視線を遮るのには十分です。事実、上の子は勉強に集中しやすくなったと言ってくれましたし、兄弟喧嘩も減りました。何より手軽にキャスターで動かせ、臨機応変にスペースの面積を変えられるのはメリットです。女性1人で簡単に運べるため、妻も喜んでいます。 ちなみに値段は、1枚2000円程度です。高さは1.5mとまずまずありますが、いずれ子供が大きくなったら買い替えを検討します。色が様々あることで、使い方次第で部屋の良いアクセントになるのは思わぬポイントでした。パーテーションを民家に取り入れている人は少ないと思うのですが、意外と役に立つのでおすすめしたいです。 それから最近では、職場の方でパーテーションを導入しようか考えています。私は会社員なのですが、会議などをするときに場所がないことがあるのです。それもパーテーションなら臨時のスペースを作り、問題の解決に繋がるかもしれません。今度上司に相談をしてみて、実践したいと思います。パーテーションは、安くて軽くて器用な私の相棒です。